最高級の味「ゆらっ子」

 爽やかな黄緑色の皮に包まれた甘く瑞々しいオレンジ色の果肉。
 秋の訪れとともに、最速温州みかん

「ゆら早生わせみかん」

の季節がやってきました。

 和歌山県由良町で新種「ゆら早生(わせ)みかん」が発見されたのが昭和60年のこと。
 以来、由良町の農家さんたちは「まち」の名前が付いた品種を大切に育ててきました。
 みかんの代表「温州みかん」の種類で、9月末に色づき始め、収穫、出荷されます。11月より早く出荷されるものは「極早生(ごくわせ)」と呼ばれ、みどりがかった外見から、酸っぱい印象があるかもしれませんが、みかん一つ一つの糖度を光センサーでチェックし、合格ラインを超えたものだけがゆら早生みかんとして出荷されます。
 そんな極上のみかんだけを詰め込んだ【ゆら柑橘撰果場】の代表ブランドが「ゆらっ子」です。
 太陽の甘みと夏終わりの酸味がかもす絶妙なバランスが口の中に広がり、秋のはじまりをお届けします。

最高級の味
「ゆらっ子」

 爽やかな黄緑色の皮に包まれた甘く瑞々しいオレンジ色の果肉。
 秋の訪れとともに、最速温州みかん

「ゆら早生わせみかん」

の季節がやってきました。

 和歌山県由良町で新種「ゆら早生(わせ)みかん」が発見されたのが昭和60年のこと。以来、由良町の農家さんたちは「まち」の名前が付いた品種を大切に育ててきました。

 みかんの代表「温州みかん」の種類で、9月末に色づき始め、収穫、出荷されます。11月より早く出荷されるものは「極早生(ごくわせ)」と呼ばれ、みどりがかった外見から酸っぱい印象があるかもしれませんが、みかん一つ一つの糖度を光センサーでチェックし、合格ラインを超えたものだけがゆら早生みかんとして出荷されます。
 そんな極上のみかんだけを詰め込んだ【ゆら柑橘撰果場】の代表ブランドが「ゆらっ子」です。

 太陽の甘みと夏終わりの酸味がかもす絶妙なバランスが口の中に広がり、秋のはじまりをお届けします。

品種
ゆら早生みかんの特徴といえば、果肉が入っているふくろ(じょうのう)が薄いことと、糖度と酸度のバランスが良いことの2点。他の温州みかんにはない、ゆら早生(わせ)みかんだけの美味しさの秘訣です。
環境
紀州地域を流れる暖流「黒潮」から受ける温暖な気候。たっぷりと太陽の光を受けることができる、水はけの良いだんだん畑。少し少なめの降水量。 和歌山県由良町は、甘酸っぱい美味しいゆら早生みかんを作るのに適した4つのポイントを兼ね備えた地域です。
育て方
日射しが1番強い8月。畑の地面を覆うようにマルチシートを敷きつめます。果実への日射量を増やし、水分量も調節する大切な行程です。

極早生の中で
一番糖度が高い

10月に出荷が開始される極早生という品種のみかんの中において、「ゆら早生」は最も高い糖度を誇ります。外見こそほんのりと緑色をしていますが、中身はまぎれもないオレンジ色の完熟みかんです。

じょうのうの薄さ

「じょうのう」と呼ばれるみかんの果肉を包む白い皮が薄いことも、他では見られないゆら早生の特徴です。みかんの果肉のつぶつぶした食感や果汁のみずみずしさがダイレクトに感じられます。

ゆら早生の中
から選ばれた
最高峰の味

ゆらっ子(ゆら早生)

一箱5,000円(税込み)
送料無料!


発送期間 10/10~10/30
サイズ MS混合
個数 45~60個